火災保険

火災保険の保険金で修理しないとどうなるのか?デメリットと注意点

  1. HOME >
  2. 火災保険 >

火災保険の保険金で修理しないとどうなるのか?デメリットと注意点

火災保険で下りた保険金は修理に使うもの、といった固定観念を持っている方は多いのではないでしょうか?火災保険で下りた保険金を修理以外の用途に使いたいと考えている人もいるでしょう。

今回の記事は、火災保険の保険金で修理をしないとどうなるのか?・修理をしなくても問題はないのか?といった内容を解説していきます。

また、修理しない場合のメリットやデメリットも合わせて解説していきますので、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

火災保険の保険金の用途は自由、詐欺や問題にはならない

結論から申し上げますと、火災保険の保険金の用途は自由です。

修理に使おうが娯楽や生活費に使おうが詐欺や問題にはなりません。もちろん法律違反でもないです。

ではなぜ、わざわざ見積もり書を提出させるのか疑問に感じる方もいますよね?その理由を次項で説明していきます。

修理の見積もりは保証金額を決めるためのもの

火災保険の保険金額を申請する際は、どこの保険会社でも見積もり書が必要になります。
ただ、見積もり書はあくまでも保証金額を決めるためのものであって、必ず修理費用に充てないといけない訳ではないです。

見積もり額を取ってもらうことで保険会社は正確な損害額を計算することが可能になります。つまり、見積もり書を元にして保険金を計算するので見積もり書は必須なのです。
疑問点や怪しい部分があれば、保険会社は鑑定人を派遣して実際に損傷箇所を見て、損害状況を確認します。

また、損害箇所を修理しないでいると別の箇所に影響がでてくる可能性が高いです。
その際は、また別の箇所の保険金額を支払わなければなりません。

よって見積もりを取らせることで、保険者が「修理代に使わないとダメ」といった考えになるように誘導し、修理をさせるといった意図が保険会社にはあるのです。

まとめると、見積り書はあくまでも保証金額を決めるための書類です。つまり、必ずしも修理に使う必要はありません。火災保険の申請で下りた保険金=損害箇所の修理に使わないといけない、という概念を捨て去ることが大事です。

火災保険金を修理に使わない場合のメリット・デメリット

火災保険金を修理に使わない場合はどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
1つずつ見ていきましょう。

メリット 受け取った保険金を丸々好きに使うことができます

まずメリットとして、受取った保険金を丸々好きに使えるということが挙げられます。
極端な話、娯楽やギャンブル、借金の返済などに使っても何も問題はありません。

そもそも保険会社から保険金の使い道を調べられることはありません。受取った保険金は何に使おうが自由ですし、保険会社の保険者に対する印象を下げることもないのです。

デメリット➀ 建物や家財の修理費用を別に用意しなければならなくなる

デメリットとして建物や家財の修理に使わない場合は、修理費用を別に用意しなければなりません。損害箇所を放置しておくと、損害箇所は徐々に広がっていきます。

修理費用は高額な金額がかかることも多いので、いざ修理しなければならないとき「お金がない…」という事態になりかねません。

損害箇所が修理しなくて良いのか、最低限修理する必要はあるのかなど充分に検討することが大事です。

デメリット② 放置すると後で同一箇所に対する補償を受けられなくなる

支払われた保険金を修理費用に充てず、再度同一箇所が損害を受けた場合は保険金の保証が受けられません。当たり前ですが「修理費用を払ったのに修理をしなかった保険者が悪い」と判断されます。保険請求者の重大な過失となるため、火災保険適用外になるのです。

火災保険の保険金で修理しなかったときに起こるトラブル

火災保険 男

火災保険の保険金で修理しなかったときに起こるトラブルとして、一次災害を原因とした二次災害が起きた場合に、二次災害の保険金が支給されないといったトラブルが考えられます。

例えば、一次災害の屋根を修理せず雨漏りが起きたなどの二次災害が発生した場合に、二次災害(雨漏り)の保険金が支払われない可能性があります。修理をしていれば、二次災害は(雨漏り)防げていたからです。その際は多額の修理費用を自費で出す羽目になるでしょう

実は火災保険の保険金で修理しなくても(自費で修理しても)、また損害を受けた場合は保険金が下ります。
あくまで損害箇所を修理していることが大事なのであって、必ずしも火災保険で下りた保険金を使う必要はないのです。最低限の修理代を自分の懐から出していても問題ありません。

過去には「損害箇所を修理しなかったせいで、自宅が全壊した人に保険金が支払われなかった」といったケースもあります。不安な方は最低限の修理はしておくようにしましょう。

火災保険申請代行を利用した場合

火災保険申請代行を利用したときは、火災保険の保険金で修理しないといけない場合が都度です。ただこの場合は、保険金請求代行・修理工事をセットで営業している業者が対象となります。

契約時の契約書に「支給された保険金で修理しなくてはいけない」と記載されており、これに同意すると必ず保険金で修理する必要があります。

また、一度契約してしまうと契約解除ができなかったり多額の違約金を請求される可能性もあります。近年は悪質な火災保険申請代行会社も増えているので、悪質かどうかをよく見極めることも大事です。

一方で保険金が支給されても「保険金の用途は自由」と契約書に明記している火災保険申請代行会社もあります。契約をする際にはよく確認しておきましょう。

悪質な火災保険申請代行会社かどうか見極めるポイントとしては、訪問や電話などでの勧誘は悪質な代行サービスの可能性が高いので、留意しておきましょう。

火災保険の保険金で修理しない場合のまとめ

火災保険金まとめ

火災保険の保険金を修理に活用しない場合の使い道などを説明してきました。

火災保険の保険金の用途は自由。詐欺や問題にはならない

火災保険金を修理に使わない場合のメリット

  • 受け取った保険金を好きなことに使える

火災保険金を修理に使わない場合のデメリット

  • 建物や家財の修理費用を別に用意しなければならない
  • 放置すると後で同一箇所に対する補償を受けることができない

火災保険の保険金で修理しなかったときに起こるトラブル

  • 損害箇所を一切修理せず(一次災害)に、別の箇所で損害が起きた場合(二次災害)、二次災害の保険金が支給されない可能性がある

火災保険申請代行を利用した場合に起こりうること

  • 火災保険申請代行を利用した場合、火災保険の保険金で必ず修理しなければいけない可能性が高い(保険金請求代行・修理工事をセットで営業している業者)※ただ、火災保険金の用途は自由と契約書に明記している代行会社も存在する

 

-火災保険

© 2021 火災保険申請サポートならカルモくん Powered by AFFINGER5