火災保険

火災保険の無料調査とは?仕組みや利用するメリットを解説

  1. HOME >
  2. 火災保険 >

火災保険の無料調査とは?仕組みや利用するメリットを解説

【この記事でわかること】

・火災保険の無料調査とは何か?

・無料調査するサポート業者への報酬は?

・申請サポート業者の選び方!

 

みなさんは、火災保険の無料調査をご存じでしょうか?

 

最近では、チラシやネット広告でも「建物の無料調査をします」という言葉を目にする機会が増えてきました。

 

これは火災保険を熟知した業者が、あなたの代わりに火災保険の申請を代行またはサポートしますという意味があります。

そこで今回は、ここでいう無料調査とは何を意味しているのか調査方法や報酬体系を中心に解説します。

火災保険の無料調査とは

火災保険の無料調査とは、これまで経験のない方からすると、どこからどこまでが無料なのか不透明なところがあります。

 

そこで、具体的に火災保険の無料調査で何を実施してくれるのかどんなメリットがあるのかを把握しておきましょう。

無料調査とは何を実施してくれるのか

火災保険とは、火災だけでなく水災や風災、そして雷災や雪災などにも柔軟に対応できる保険です。

 

そのため、知らず知らずのうちに家屋に自然災害による損害が生じていたとしても、それが火災保険の適応範囲だと知らないケースが多いのです。

 

そういった理由から、チラシやネット広告だけでなく、飛び込み営業などでも火災保険の無料調査がさまざまな業者によって行われています

 

まずは現地調査が行われて、火災保険が使えるのかどうかを見極めます

 

基本的には無料で家屋の損害状況などの調査が行われるため、やってもらっても損はありません。

火災保険を申請するには業者のサポートが必要

火災保険を申請する上で注意すべきポイントとして、集める書類の膨大さが挙げられます。

 

・保険金請求書

・事故内容報告書

・修理箇所の見積書

・損害箇所の写真

 

最低限これらの書類は必要であり、保険会社によっては別で書類を用意しなければなりません

 

また、書類を提出すれば終わりではなく、修理箇所の見積書については、修理やリフォームの専門業者に依頼して作成してもらう必要があります

 

修理の見積書や損害状況の報告書については、建物や保険に対する専門的な知識が大いに求められます

 

そのため、火災保険の申請については時間や労力だけでなく、確かな知識も必要とされるため、火災保険の申請サポート業者などを頼るのが得策です。

無料調査をしてくれる申請サポート業者の報酬体系

火災保険の無料調査を行なっている業者はいくつもあり、現地調査や見積書の作成などは原則無料で実施してくれます。

 

また、損害状況の報告書作成や現地に派遣されてきた保険会社との対応は素人では難しい反面、火災保険のサポート業者であれば難なく対応できるメリットがあります。

 

しかしながら、調査会社もすべてを無料でやってくれる訳ではなく、そこには報酬も発生します。

 

火災保険の申請サポート業者に対しては、火災保険のスムーズな申請の報酬として、保険会社より支払われた保険金の一部を報酬として支払うシステムが一般的となっています。

 

火災保険の申請サポート業者により異なりますが、相場としては保険金の総額から30%〜40%が報酬として支払う形を取っている業者が多いです。

 

この報酬の相場はマチマチですが、50%を超えるような報酬額であった場合には、敬遠したほうが良いでしょう。

火災保険を申請する流れ

火災保険を申請してから入金されるまでには、大きく分けると5つの段階を踏んでいく必要があります。

 

1.火災保険の対象となる建物の損害状況を調べる

2.保険会社に連絡をして請求書類を取り寄せる

3.報告書や見積書などを保険会社に提出する

4.保険会社が現地調査など審査を行う

5.審査通過後に保険金が入金される

 

火災保険を申請するために必要な書類はたくさんあり、その数は保険会社により異なります。

 

・保険金請求書

・事故内容報告書

・修理箇所の見積書

・損害箇所の写真

 

最低限これらの書類は必要であり、火災保険の申請サポート業者の力がなければ、個人で対応するのは難しいでしょう。

 

また、修理箇所の見積書については、修理やリフォームの専門業者に依頼して作成してもらう必要があり、より正確な見積書を作成できる業者を選定する必要もあります。

 

さらに、保険会社から調査員が派遣され損害箇所の確認も行われます

 

何が原因でどこが損害を受けたのか、それは故意的なものではないのかを中心に確認が取られ、それに対していくらくらいの保険金が適切なのかも検討されます。

 

時間や労力だけでなく、火災保険についての知識も求められるため、火災保険に詳しい専門業者への依頼が効率的でしょう。

火災保険の申請サポート業者の選び方

火災保険の申請においてもっとも重要なことは、この申請サポート業者の選定です。

 

火災保険の申請サポート業者の選定に失敗してしまうと、下記のようなデメリットが生じます。

 

・報告書の損害状況の詳細が明確でないため、予想以上に見積もり金額が少なくなる

・火災保険の申請サポート業者への報酬が50%など、あまりに高過ぎる

・火災保険からの保険金が少なく、工事費用のほうが高くついてしまう

・詐欺や偽装に手を貸してしまう

 

優良な火災保険の申請サポート業者であれば、きちんとした契約書を交わすなどの手続きがあるため、いかがわしい業者にサポートを依頼しないように注意しましょう。

火災保険の申請サポート業者を使うメリットとデメリット

火災保険を申請する上で、時間と労力だけでなく、火災保険の知識も必要となるため、火災保険の申請サポート業者へ依頼することが大切だということは伝わったのではないでしょうか。

 

そこで、火災保険の申請サポート業者を使うことで、どのようなメリットとデメリットがあるのかも把握しておきましょう。

火災保険申請サポート業者を使うメリット

・火災保険の利用の有無に限らず、気付かなかった建物の損害状況が把握できる

・知識が必要な火災保険の申請をすべて任せることができる

・無事に受け取った保険金で建物の修理が行えるだけでなく、余ったお金は自由に使える

火災保険申請サポート業者を使うデメリット

・無事に保険金を受け取った後、成果報酬として30%〜40%を報酬として支払う必要がある

・火災保険の申請サポート業者の選定を間違えてしまうと、後々トラブルに巻き込まれる可能性がある

 

火災保険は仮に保険金を受け取った後、修理するか否かは契約者の判断に任せられています

 

また、1度火災保険の申請をして保険金を受け取った後にも、ふたたび建物に損害を受けた際には、条件次第では2度目以降の申請も可能となっています

 

1度火災保険の申請をした後でも、自動車保険のように保険料が上がるという心配もないため、せっかく入っている火災保険はどんどん利用するに越したことはありません。

火災保険の無料調査まとめ

今回は、無料調査とは何を意味しているのか調査方法や報酬体系を中心に解説しました。

 

火災保険は適応範囲が広いため、火災による災害のみ補償が適応されると思っている方も多いのが現状です。

 

特に初めて火災保険を申請される場合、あまりの手続きの面倒さから、火災保険の請求期限内に請求が行えないケースなども続出しています。

 

火災保険の請求には、必要書類に関する知識損害箇所の補償適応の可否など、求められる知識や情報がたくさんあります

 

少しでも分からないところがある方、火災保険に関するお悩みやトラブルを抱えている方は、ぜひカイモまでお気軽にご相談ください。

 

-火災保険

© 2021 火災保険申請サポートならカルモくん Powered by AFFINGER5